セブンイレブンのホイップドーナツ

セブンのミスド風ドーナツの味

ホイップドーナツ(1)

わが北海道でもセブンイレブンのドーナツの販売がはじまったようで、わたしの近所のセブンでも売られていました。ので、さっそく買ってみました。

買ったのは「ふんわりリングドーナツ」「チョコオールドファッション」「ホイップドーナツ」の3つです。

公式サイトの商品説明を見ると、一部の商品で、なぜか首都圏とそれ以外の地域では価格が同じでも、カロリーなどが違うようですね。意味不明ですが。使っている油などの原料とか、もしくは工場とかが違うからでしょうか。謎です。

さて、とりあえず中にホイップクリームが入ったホイップドーナツだけ食べてみました。ミスドでいうとエンゼルクリームですかね。

ホイップドーナツ(2)

セブンのもののほうが生地はしっとりしながらもあっさりしているように感じました。ミスドはぶちゃっとしてますからね。大きさはセブンのほうが大きかったような気がします。一緒に食べ比べてないからわからないけど。

ホイップドーナツ(3)

ホイップドーナツ(4)

セブンのほうは、粉がすごいです。粉砂糖がふんだんに振ってあります。いちどテーブルの上にドーナツを落としてしまって「あっちゃー」と思ったのですが、大量に粉が落ちたのに、ドーナツにはしっかりと粉が残っていました。頼もしい。

というわけで、総括すると、ホイップクリームの入ったドーナツは、セブンでもミスドでもどちらでも良いかな、という感じです。全然総括できてないけど、ドーナツを細かく比較すること自体、ヒマ人のやることですよね。

そして、あまり利益がない。どちらも価格帯が同じで、細やかな味覚をもっている人以外には味も同じようなものに感じられると思いますので、ドーナツ食べたいと思ったときに近くにあるほうを買えばいいのではないかと思う次第です。

となると店舗数の多いセブンが有利ですかね。セブンはそこに勝算を見たのだと思いますし。

マックが売上高を落としているなかで、コンビニがそこのパイも拾いに行くのではないかと勘ぐっているわたしですが、とりあえずドーナツ業界は今後、コンビニにシェアを奪われることになるでしょう。

投資の良い機会かもしれません(違う話になってる)。

投稿日 : 2015年4月12日

このページのトップへ↑