さえらのサンドイッチ

サンドイッチといえば「さえら」

「メンチカツ」と「やさい」

札幌のサンドイッチ屋さんといえば、地元の人にも観光客の方にも人気のある「さえら」です。

場所がすこーしわかりにくいのですが、丸井今井の地下2階、向かって右側の入り口の右手に微妙な服屋さん(失礼)があり、その脇に下へとつながる階段があります。

そこを下りると、カフェ的空間があらわれます。それが、さえら。

「フルーツ」と「スモークチキンサラダ」

料金はうろ覚えですが、サンドとドリンクのセットで800円から900円くらいだったかなと。常連なのに、いまだに価格を覚えていないです(笑)。

基本のセットは、サンドを2種類選べます。ひと種類にパンを2枚つかっているので、2種類で4枚。そこにたくさんの具が挟まれているので、かなりのボリュームです。

女性はこれを食べたらお腹いっぱいになるのではないでしょうか。アラサー男性のわたしでも、このあとはデザートを食べるのを控えようかなと迷ってしまうほどの量です。

まあ結局食べるんですけどね。だいたいの場合。

「ねぎチャーシュー」と「やさい」と

観光客の方には「カニ」が人気があるようですが、個人的にオススメしたいのが「フルーツ」と「メンチカツ」。

フルーツには、あっさり目のクリームのなかにイチゴやメロン、キウイなどいろいろ挟んであって美味しいですよ。メンチカツは注文のあとに揚げるのですこし時間がかかるけど、こちらも美味しいです。

まあ、たまに油っぽ過ぎたり、ぶちゃっとしたりしてるんですけど、とにかくオススメです(適当)。

「札幌まで来てわざわざサンドイッチ?」と思うかもしれませんし、たしかにわたしも観光目的で札幌を訪れたときに行くかは微妙ですが、何泊かするのなら1食くらいはどうでしょうか。という感じです。

書いてたら食べたくなってきました。また近いうちに行こうっと。

投稿日 : 2015年4月11日

このページのトップへ↑