腸内細菌とダイエット

腸内細菌が肥満を抑制する?

腸内環境を良好に保つことは、健康に生きるうえで非常に重要です。なぜなら腸内には約100兆個の腸内細菌がすんでおり、それらが健康や美容に深くかかわっているからです。

たとえば善玉菌は、消化吸収を補助したり、ぜんどう運動を促進したり、免疫力を上げたり、悪玉菌を抑えたり、病原菌の侵入を防いだりします。

反対に悪玉菌は、毒素や有害物質をつくって腸内フローラを乱したり、下痢や便秘、肌トラブルなどを引き起こしたりします。というわけで、腸内細菌は人の健康に大きく関係しています。

で、最近注目されているのが、腸内細菌とダイエットの関係です。

ある特定の腸内細菌には、肥満を抑制する信号を送る作用があったり、またある腸内細菌には、インスリンの放出を調整して食欲を抑える作用があったりすることがわかっています。

さらに、無菌マウスをつかった実験によって、太ったマウスの腸内には、痩せたマウスよりもバクテロイデス属の菌が少ないということがわかっています。

ただいずれの場合も詳細は判明しておらず、どの菌がそれらの作用をもたらしているのかわからない状態とのこと。つまり、ダイエットと腸内細菌のあいだには関係があるようだが、その究明にはいたっていないということのようです。

腸内環境を良好にすることがダイエットになるというのなら、これは非常にうれしいですよね。だって、腸内フローラを整えることで、健康と美容、そして痩せたカラダが手に入るのですから。一石三鳥とでも言うべきものです。

まだどの菌属の菌種がダイエットに影響を与えるのかということはわかりませんが、研究が進んだときに対処できるように、ヨーグルトなどで善玉菌を増やしておくことが大事だと思います。

ダイエットというのは、見た目を変えるためのものですが、それをおこなうには健康な肉体と精神があることが前提です。

健康的に痩せるためにも、腸内細菌のバランスを整えるために、食事内容と生活習慣を良いものにして、カラダが良い状態になるように努力していくことが大事ですね。

投稿日 : 2015年4月12日

このページのトップへ↑