アクセストレードのセミナー

ニオイ対策案件の市場規模がいちばん大きい

今日はアフィリエイトのセミナーに出てきました。アクセストレードさんの開催された、「ニオイ対策」「葉酸サプリ」「妊娠線クリーム」のセミナーです。ええ、実はアフィリエイトやってるんです。わたし。

アフィリエイトをやっているというとあまり良い印象を持たれないので書きたくない、というか基本的にほかのブログ等にも書かないのですが、今回はメモ的な意味をこめてココに書いておきます。感想文です。

※ 提携している旨の表記はもちろんしていますし、アフィリエイトプログラムを使用していることも明記します。日記的なサイトには表記しないということですね。

ニオイ対策

  • 講師は北海道(札幌?)出身のマスダ(?)さん(緊張してた)
  • ニオイ市場の規模、獲得件数やアフィリエイト報酬の金額
  • ワキガ、体臭、加齢臭の原因など基礎知識
  • 想定ユーザーの規模やキーワード
  • ニオイ対策商品の種類とターゲット
  • 店舗販売商品とのすみわけ
  • 体臭対策アイテムの比較検討方法
  • 主要案件の紹介
  • サイトの構成、コンテンツ、獲得キーワード

マスダさんは若い方なのか、緊張されていたし、漢字の読み間違いやそもそもの読み方の記憶違い?があって、すこし頼りない印象を受けました。しかしがんばってました。

質疑応答のときに登場して、その後のセミナー後半の講師をつとめられたタカミ(?)さんの、腸内環境を改善するという点で乳酸菌サプリと競合しないのかという質問に対する回答は納得感がありました。

同じく質疑応答の際に、アクトレさん一押し案件のLPに出てくるフリーダイヤルについての質問が出たときに回答されたキタムラ(?)さんもとても良かったです。司会は女性のスガワラさんだったかな。

ちなみに「LPに電話番号が掲載されていると、そちらにCVが持っていかれるのではないか」という質問に対しては、電番があることで信頼感が増したり、質問に対する回答がきちんとなされたりして、結果的にCVRが上がるとのことでした。

1割程度は電話に持っていかれるが、それを差し引いてもCVRが上がることがメリットになるし、CV数が上がることで報酬額が上がり、アフィリエイト報酬増額という形で最終的にアフィリエイターに還元されると考えており、そのためにLPへの電番掲載をむしろクライアントにすすめているとのこと。

なるほど、と思いました。すべてがそうではないだろうし、方便的な部分もあったと思うけどね。

葉酸サプリ

  • 月500万のサイトがアクトレさんで2〜3(4〜5?)サイトほど
  • 年間出生数が102万人なので、潜在的な市場規模は大きい
  • 国が葉酸サプリの摂取を推奨している

セミナーの流れは非常によく、講師自身が最近、身内の懐妊を体験したということで思い入れもあったようで、語り口は冷静ながら非常に熱を感じる内容でした。ちなみに講師の方は関西弁でした(笑)。

厚生労働省のほうで摂取をすすめていることや、国内外でエビデンスがあること、トップクラスのサイトの獲得報酬額などを知るにつけ、やってみたいと思うようになりました。

わたしはもともとニオイ対策案件の情報を仕入れるために参加したのですが、思わぬ成果でした。ただ現在は別の案件で大規模サイトを作成する予定であり、手が回らないかもしれません。どうしようかな。

帰宅後に競合を調査しましたが、いまのところストレートかつ効率の良いキーワードである「葉酸サプリ」で上位表示されているサイトを見ていたら、めしおさんのサイトがありました。

この語り方や細部にこだわった情報の質と量はめしおさんぽいな…と思っていたら、バッチリ管理人のプロフィールにめしおさんの名前がありました(笑)。

情報の質と量という点で、あのサイトには勝てません。書籍を10冊以上は読む必要があります。ですが、そこまで葉酸サプリに時間をかけることはできないですね。

妊婦さんの数は多いし、潜在ターゲットはある程度はあるのでしょうが、まだサプリ自体の認知やその市場規模は大きくなく、現状は特定のキーワードでしか大きく稼げない案件だと思います。

というわけで、非効率ですね。やりたいけど、ちょっと現状はむずかしいかもしれません。

妊娠線クリーム

  • 市場規模は小さい
  • 店舗販売商品とのすみわけが微妙
  • 明確なエビデンスがない

ニオイ対策の質疑応答や葉酸サプリで時間が押してしまい、妊娠線クリームは駆け足でした。もともとの市場規模が小さく、また店舗販売商品との差別化がむずかしいため、あまりチカラを入れるべき案件ではないと判断しました。

が、未調査ですが競合は弱いかもしれません。少し調べてみて、勝てそうならサラッとやってみようかなと考えています。

投稿日 : 2015年4月17日

このページのトップへ↑